セフレが出来やすいのとモテるのは別次元の問題!

<セフレができるのはモテ男だけだろう!>と諦めている人がいるかもしれません。
でも最初から諦める必要はありませんよ。
もちろん格好いい男性ならばセフレが作りやすいのは否定しません。
ですが人間の趣味は千差万別です。

男性でも同じです。
巨乳が好きな人もいますが、ペチャパイが好みな男性もいるのです。
ちょいポチャが好きな男性もいるしスレンダーなモデル体型にセクシーさを感じる人もいます。
人妻熟女がタイプな人もいるしロリコンオヤジもいるわけです。

女性の場合は不細工な男性よりもスマートな男性とセフレになりたい――そう思っているかもしれませんが誤解です。
セフレが欲しいと考える人が少なければ、誰もがセフレを作ることは簡単ではないでしょう。
限定的になるかもしれません。

ですが、今はセフレ希望者がとても多い時代なのです。
いつもは格好良い男性だけれども、今回は<別にいいかなぁ>と思ってくれる女性もいます。
セフレ関係は長期間続く訳でもないですし、ハードルは意外と低いのです。

また女性の中にはそれほど外見にこだわらない人もいるのです。
そんなことよりもペニスのサイズとか持続力とかスケベ度などを評価してくれるタイプもいます。
またマッチョな筋肉質の男性に抱かれるだけで満足な女性もいます。

セックステクニックでも近頃はいろいろなものがあるので努力次第でマスターできます。
テクニックがそんなになくても誠心誠意奉仕する気持ちがあればカバーできます。
セックスは経験が物を言う世界です。
セフレをどんどんと作って経験値を上げればテクニックはついてきます。

上手にセフレと付き合う方法

セフレ関係は性行為を楽しむとう目的をもった特殊な人間関係だと思います。
濃厚な身体と身体の接触がありますが、精神的に縛られることはありません。
性的満足が得られるという最大のメリットがあるので近頃はセフレが見直されています。

今回は【上手にセフレと付き合う方法】について考えてみましょう。
<一度限りのセックスで終わりにしよう>と思って割りきる場合は、上手に付き合うことなど関係ありません。
ですが、どれだけ割りきった交際であっても<セックスをすればそれでいい>とは言えません。
なぜならば、身体の相性が良いから、それで気持ちがいいとは限らないからです。

その日に初めて出会ってセックスするときをイメージしてください。
緊張感が当然あるでしょうし、リラックスした気持ちでセックスすることは少ないですね。
それは、まだまだお互いの身体が馴染んでいないからです。
オルガスムスのタイミングも合わせることは簡単ではないです。

お互いにセックスで気持ちよくなるには、相互の協力が不可欠なのです。
数回セックスをすることによって阿吽の呼吸ができることが理想的だと思います。

気持ち良いセックスをしたいならば定期的に会うセフレがいいでしょう。
性的不満が限界に来たときにセフレを新たに探すのはとても効率が悪いです。
手間がかかりすぎますね。

ですから、マンネリ化するまでの間は定期的にセックスすることをお薦めします。
そうするためには<良好な関係を構築するための努力>が不可欠です。
ポイントは恋人関係の距離感とセフレ関係の距離感を意識することです。
両者の距離感の違いを考えてみてください。

どういった理由でセフレを作りたいのでしょうか?


「どういった理由でセフレを作りたいのでしょうか?」と質問された場合に返事は色々あるでしょう。
独身で彼女もいない男性ならば性的欲求不満が溜まります。
それを解消するためにセックスするパートナーが欲しくなります。
たとえ彼女がいてもセックスの相性がよくないこともあります。
満足できる性生活でなければ別のパートナーを求めることもあるわけですね。

結婚をしていてもパートナー以外の異性との性的な関係を結んでいることは珍しくありません。最近の不倫ブームで「アシュレイマディソン」に代表されるような不倫サイトが多数誕生しています。
セックスレスの夫婦ならば、そういった選択肢はあります。
セックスが上手くいかないから離婚――という短絡的な判断をするカップルは少ないです。
セフレとのセックスで性的不満を解消すれば問題はないのですから……。

――<セフレを作りたい>と思うのは男性だけなんでしょうか?
そんなことはなくて、女性も性生活に不満があればセフレが欲しいと思いますし、特に肉食系女子の場合はなおさらです。
よく考えてみれば、男性がセフレを作るならば相手が必要ですから、女性もセフレを作っていることになります。
シンプルに考えれば男性も女性も同じ数のセフレ所有者がいるということではないでしょうか?

ちょっと変わった性癖がある場合にはセフレならば遠慮無しにセックスを楽しめることがあります。
セフレとはセックスの相性で判断すればいいので基準はとてもシンプルです。
セックスという目的が極めて明確ですから自分が希望する性癖を赤裸々に話せばいいのです。

パートナーと性生活に満足している限り<セフレを作ろう>なんて考えません。
しかしながら愛情があっても身体の相性が良いとは限らないのが現実です。
快楽と愛情は一致しないことが多いのです。
性的不満があれば遠慮なくセフレと解消すればいいのではないでしょうか?

 

コメントは受け付けていません。

Tags:

Comments are closed.